登山に関する情報が満載!

登山のススメ

日本において登山と温泉が深い関係となっている理由とは

登山と温泉が一セットとなって語られているケースは多いのは日本ならではの特徴と言えるでしょう。
それだけ日本の山と温泉というのは切っても切れない関係にあり、多くの登山客がその恩恵に預かっているのです。
一つの理由として、日本の山々がかなり高い確率で火山であったり、その近隣の山であるという地学的な理由があります。
日本は元々プレートの沈み込みとその反動によって出来た島弧であり、必然的に脊梁山脈の中に含まれる火山の数も多くなってきます。
それゆえ、これらの山々の麓に良質な温泉が湧き出している確立は非常に高く、山登りの帰りにこれらを利用し疲れを癒す人々もまた大変多くなっているのです。
また日本古来の文化としてこうしたお湯に浸かるという習慣があり、山登りの疲労回復の為に、これらを自然と利用する事に違和感を感じない登山客が多いというのも、一つの理由でしょう。
夏山は特に麓と山頂の気温差や湿度差も大きく、疲労を感じ易いものです。
芯からリラックス出来る天然のお湯が麓に多数存在している日本は、その点において大変恵まれているのです。

登山の帰りは麓の温泉でリラックスタイムを

苦労して登山を成功させ、下山した後で浸かる温泉というのは最高のものです。
多くの人が目標達成充に伴う実感と共に、疲労回復やストレス解消に伴う幸せな気持ちを噛み締める事となるのです。
仮にこれら温泉施設が露天風呂を伴っており、この日登ってきた山の全景を見渡す事が出来るロケーションであれば、更に気分が高揚するでしょう。
今日登ってきた山の山頂を遠くに眺め、あそこまで登ったのか、という感慨に浸りながら浸かる温泉というのも実に気分が良いものなのです。
日本には登山可能な山の中にも火山の割合は非常に多く、その麓に良質な源泉が湧きだしているケースは実に多いのです。
しかも火山の地形的な特性から、その地からも確実にその山の山頂を見渡せるケースが多く、こうした景色の良さが自慢の宿や入浴施設も多いのです。
もちろんシーズンともなれば、多くの登山客がここで疲れを癒していきます。
中には同じ山に登ったあかの他人同士が山の話題で盛り上がるケースもあり、湯船の中でそうした会話に参加すれば実に楽しいものです。

recommend

Last update:2017/9/29

『登山 温泉』 最新ツイート

@mimi_e5869

📝クガネ探索 ついにきましたクガネ(*´﹀`*) 商店街みてお寿司食べて温泉入って登山は…センスがなかった!!w https://t.co/NQNsNWoazu

38分前 - 2018年08月19日


@guide_2018

どこの県を指すか 県東部に位置する山脈は登山客やスキー客に人気で、乗鞍岳には頂上付近までスカイラインが通っている。中山道の街並みが残っている馬篭なども有名。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 岐阜県(長野県との県境に北アルプス、下呂温泉や白川郷などの観光資源も豊富)

1時間前 - 2018年08月19日


@KBTALTEISEN

何とか今さっき富士登山から帰ってきました(^^; 剣ヶ峰は無理だったけど吉田ルートの頂上は行けた! 登山開始(06:20)→吉田ルート頂上到着(14:00過ぎ)→富士五合目(18:30)→温泉入って食事(21時過ぎ)→自宅(さっき… https://t.co/WEZVxPgHP0

1時間前 - 2018年08月19日