登山に関する情報が満載!

登山のススメ

難易度の高い夏山登山に挑むには低山での経験も大切に

国内には軽装の上ハイキングやトレッキング感覚で登れる低山から、本格的な登山装備やギアで身を固め、数多くの経験が伴っていなければ危ない高山に至るまで、実に様々な難易度の山が存在しています。
これらの中でも登山初心者が最初に目指すべき山は確実に前者であり、ここで何度も経験を重ねながら基本的な山の経験やマナー、そして基礎体力を身に付けた上で、初めてそれ以上の難易度の山に挑戦出来る権利が得られる訳です。
もちろん高山の中にも富士山の様に、空気の薄さと疲労さえ気を付ければ、比較的経験の浅い人でも頂上を極められる山はあります。
ですがそれだけでは本当の登山の素晴らしさを体験出来たとは言えません。
前述の様にある程度経験を積んだ上で、その道のベテランに付き添ってもらい、一度はアルプスの様な雄大な夏山に挑戦してみると、その事が良く分かります。
大変危険な冬山はとにかく、夏山であれば心身の負担も比較的少なく挑めるチャンスがいずれ訪れる事でしょう。

登山の難易度は高い低いだけで自己判断しない

色々な山に出かけたくなったらガイドブックを手に入れて現地までの交通や登山適期、難易度や注意点も示されているのでより安全な山やコースを選ぶ参考になります。
一般的に高山は難易度が高いとされており、気候条件が厳しかったり、コースも岩場であることが多く、標高が高いぶん上り下りする標高差が大きく歩行時間も長くなるものです。
しかし、ドライブウェイやロープウエイを使って山頂の近くまで行ける山もあるなどその厳しさの程度はさまざまになります。
また、標高が低くても登山道がはっきりせずに指導標などもない足場の悪いところのコースは岩場がある山やいくつも山をのぼりおりする縦走コースなどでは行程が長く標高差の累積が大きくなり難しくなるのです。
そして、ガイドブックのコースタイムは大人が歩いた一般的なものなので、子供の場合はその1.5倍くらいが目安となります。
年齢や個々の能力で変動が大きいので無理のないペースで様子を見ながら歩くのが大切です。

Favorite

2016/4/14 更新

『登山 難易度』 最新ツイート

@yamada_nxb

仏峠への登りと笹利への下りは道が少し悪いが、問題はありません。 出会った登山客は数名でした。 お勧め度:☆☆(絶景) 難易度:☆☆(特に問題なし) 詳細は以下 https://t.co/ExNF9IOIG1 https://t.co/SfeDbMY0pW

20時間前 - 2018年12月15日


@tozanchannel

一人スキー場って難易度たかい? https://t.co/SbXn3Vl6ab #登山 https://t.co/lj4W0P1c9s

22時間前 - 2018年12月15日